2012年04月20日

山形三昧の三日間

kannzarashisoba.jpg
昨日までの三日間、山形県内の三箇所で
ピアノコンクールの課題曲についてのレクチャーや、
ピアノの先生方のための公開レッスンなどのお仕事をさせて頂きました。

熱心な先生方の前で、美しく調律されたピアノを弾いていると、もう、幸せで
こんなお仕事をさせて頂いていることに、改めて感謝の気持ちが溢れてきます。

最終日には、主催者の方が¥と山形市内のお蕎麦屋さんへ…
念願の“寒ざらし蕎麦”をご馳走になりました。

山形市観光協会によると、寒ざらし蕎麦とは
秋に収穫した新ソバを細心の注意をはらいながら保存し、
厳寒の冷たい清流に10日ほど漬けておいたものを引き上げ、
晴天続きを見計らって山国の寒い風と真冬の紫外線の多い太陽光線でさらして乾燥する、という
大変な手間のかかった特別なお蕎麦♪✨

冷水に浸すことでアクが抜け、また寒風にさらすことで舌触りも良く、
甘みと淡白な味わいになるのだとか。。

今年のは、厳しい寒さと大雪のためにいっそう甘味がまして美味しいと聞いてたけど
実に、たいそう素晴らしい味わいでした❤

で、つい食べすぎてお腹苦しすぎ…
スカートのホックが、新幹線でついにはちきれちゃったのは
ナイショの話、です…f^_^;)

2012年04月03日

ありがたき故郷…

aidzu.jpg
先日の仙台フィルのコンサート、本当に楽しかった~♫
考えてみたら仙台フィルを聴いたのは、数年前にチャイコフスキーのピアノ協奏曲を
共演させて頂いて以来でした。

桐朋に入学してから初めて帰省して久しぶりに仙台フィルを聴いた時、
懐かしさで涙が溢れてきたことや、

初めて外山雄三先生の“ラプソディー”を仙台フィル&外山先生の棒で聴いた時、
興奮して終演後、先生に「素晴らしかったです‼」とお伝えしたら
「いや~、照れちゃうな、ポリポリ…」なんておっしゃいながら
お茶目に(失礼!)頭を掻いていらしたことなどが次々に思い出されて、
なんだか胸がいっぱいになりました。

メンバーの方々とも久しぶりに再会できて、大感激…❤

“故郷の音”があるって、幸せなことだな、と
しみじみ思いました。。

さて。
翌日には、あいづライナーで、一路会津若松目指しました!
コンクール課題曲についての講座のお仕事です。

昨年は地震で中止になってしまったので、二年ぶり…
故郷からもらったパワーで、
元気に成し遂げました♪

« 2012年03月 | HOME | 2012年05月 »