2011年09月26日

千葉県民率、高し!

kusastu.jpg

お彼岸。

群馬のお墓参りの帰りに、初めて草津温泉に行きました。

  「♪草っ津~ よい~と~こ~♪」の、草津です(笑)

幻想的な夜の湯畑の風情(写真)や、狭い道に立ち並ぶお饅頭やさん…
昔ながらの温泉街の、独特な雰囲気を満喫しました。

10部屋しかない、ちょっと贅沢なお宿に泊まったのですが
お風呂で一緒になって、お話した方が、
なんとみんな千葉県民☆
なかでも驚いたことに、ご夫婦二人でいらしていた方は
同じ「ゆりのき台」の住民だったのです!!!

   千葉県の人って、アクティブなのかしら…
   国際空港も近いし、旅好きな方、多いのかも♪

それにしても、温泉って、しみじみ、いいものです。

   温泉がますます恋しくなる季節になってきました。。

2011年09月21日

これなあに?

nasshi.jpg

八千代台にある自家焙煎の珈琲店カフェふくろうさん。
オリジナルの“八千代のかほりブレンド”は
八千代商工会議所「ふるさと産品」認定商品にもなっています。
八千代の、ほのかな梨の香りが楽しめる
他にはない、特別なブレンド…♪

マスターが一杯いっぱい、心をこめていれてくださるコーヒーは
たっぷり、ポットで二杯分提供されます。
しかも、奥さまお手製のかわいいラスクまで付いているの(*^ ^*)

さて、今回、新しく季節限定でメニューに登場したのがこちらの写真。
   
   さて、なんでしょう?

ミルクセーキ?いいえ。
なんと、梨のヨーグルトドリンク、その名も“ナッシー”でっす☆

まずは、八千代名産の梨を自家製コンフィチュールに。
さらにそれをフリーズして加えた
インドのヨーグルトドリンク、ラッシーをアレンジしたものです。
南インド料理の葉菜さんのマスター監修によるスパイスが、
すてきな隠し味、もとい、隠し風味。。

残暑も台風も吹き飛ばす
ほどよく甘酸っぱい、さわやかな飲み物です。

地場の美味しいものを
地元のお店の方が一生懸命に、力を合わせて
丁寧に形にしたものを地域のみなさんに提供する…

そんなスローフードな文化の息吹が感じられる八千代が
この頃、ますます好きになってきました。

    あ、写真の角度が悪くてちゃんと映っていないのですが
    コースターの左片隅には、ちゃんとふくろう君がいるんですよ☆

近所の方、よろしかったら是非お試しを!!

2011年09月19日

「笑い」はいちばん!

maruhana.jpg

昨日、丸花亭さんで念願の大和田落語会デビューしました☆

人気の噺家さんによる二人会とあって
会場には一時間も前から老若男女が三々五々集まって、
満員御礼、いい雰囲気です。。

丸花亭さんでは、もう10年くらいも
月に一度のこの落語会を催していらっしゃるのだとか。。

歩いていける近所にこんな場所があるなんて
なんてラッキーなんでしょう♪

仲入り(休憩)のトイレの前では、常連さんらしき旦那衆の
「トイレ、西日で暑いね~!」
「そうかぃ。“西日差す、トイレでうちわ、また涼し ”…!」
「お!?…また(股)かけたね!」
「なるほど!」
なんて会話も聞かれて
なんだか、いちいちがと~っても粋なんです…(^-^)v

   高座はもちろん、素晴らしかったです♪
   二時間、笑みがこぼれっぱなしでした♪

丸花亭は、もともと天ぷらの美味しいお食事処。
高座のあとの打ち上げで、
すすめられるまま日本酒を頂いてほろ酔いしていたら
わたしのCDを持っていらっしゃるという方が声をかけてくださって
一気に緊張!!

   「爆笑→酔い→弛緩→緊張」

と、盛りだくさん(!)の楽しい休日となりました♪

   それにしても…

改めて、心から思いました。
人の笑顔ってほんとうにいいものだなぁ~って。
何にも代えがたい、ステキなものですよね。。

笑いを提供できる人に、憧れと尊敬を抱いた一日でした。

2011年09月16日

唱えれば、花ひらく ?

kasahara.jpg

世阿弥の言葉「念ずれば、花ひらく」は
わたしも座右の銘でした。

  でも、この頃は「唱えれば、花ひらく」もありなんじゃなかな、と。

ただ念ずるよりも、周囲に話したほうが
具体的にイメージに近づいたり
周囲からの励ましに勢いがついたり
…と、いい方向にすすんでいくような気がしませんか?

これからはどんどん「唱え」て、
唱えたことを「有言実行」!…を目指したいな。。

ところで、このえもいえぬ美しい染め織りは
長年のお付き合いをさせて頂いている
宮城県加美町の藍学舎の染織家
笠原博司さんの手仕事によるもの。

笠原さん、そして笠原さんの作品には
折にふれて、公私ともどもおおきな刺激と触発を頂いています。
(笠原さんのHP→http://rangakusha.info.co.jp/senshokukohboh/)   

   いつか、こんな織りものでお着物を作れますように。。

と、唱えてみちゃいました。

   結果は、如何に…?

2011年09月15日

団子より、花

michiba.jpg

わが出身校は、地元では“お花畑”といわれている
旧宮城県第二女子高等学校。

「お嫁さんにもらうなら二女高卒業生」とまで言われた
宮城県が誇る(!)名門女子高です☆

   そうそう、かくいう私もここで
   10年ほど、非常勤講師をさせていただき  
   音大受験が必要な三年生の授業などを担当させていただいたんです♪

そんな二女高の首都圏在住同窓生5人が集まって
銀座にある、和食の鉄人(古い?)M場さんのお店で
懐石ランチをいただきました☆
もちろん、どのお膳も美味しく頂きましたとも!

  でも、でも…。

旧知の友人たちとのおしゃべりにまさるご馳走はありません!

気のおけない友人って、つくづく人生の宝だな…と、
シアワセな余韻に浸っているわたしです。。

時流に逆らえず、昨年から男女共学になってしまったけど
元二女高生の絆は不滅なり (^-^)v

2011年09月12日

また、やってもうた!

aarikka.jpg

生徒さんのとある作品発表会が昨日までとうかがって
YUITO/日本橋室町野村ビルに出かけたのですが
会場のようすがなんだか「???」

で、手元のご案内状を確認したら…
   
   一ヶ月間違えていましたあああっ!  (爆!!!)

来月だったのね!
キモチが早まってしまい、見事なフライング。。

   でも、そんなことではへこたれません。
   せっかく日本橋に来たんだし(-v-;)

と、いうわけで、まずは同じビル内にある北欧のインテリアショップ
『ILLUMS』を覘いてみることに。

   あるわあるわ…ステキなものが…ストライクだらけ…☆

で、どうしても誘惑に勝てず、フィンランドのブランド、aarikkaの
ツートンのネックレスとピアスをお持ち帰り!
(木製だから、見た目よりもずっと軽いんです(^_-)-☆ )

   ニットに合わせるのが、楽しみだな♪

minadokafesoft.jpg

さらに、昭和24年創業のミカド珈琲に向かって回れ右!
(実際には左方向でしたが…)
名物のコーヒーソフトをいただいてきました☆

ミカド珈琲は、軽井沢が本店。
美智子妃殿下やジョン・レノンにも愛されたコーヒーやさんです。

   添えられているのは、意外にもプルーンなんですよ(^-^)b

ついでに、大理石がふんだんに使われている三越本店もぶらぶらして
(こちらは、食品館とエルメスで目と鼻?の保養をしただけでしたが…^^ ;)
結局、日本橋をゆっくり満喫、満足なお出かけの一日になりました♪

2011年09月09日

俳優さん?

fran3.jpg

いいえ、フランスの名ピアニスト、サンソン・フランソワです。
1924年に生まれ、46歳で亡くなっています。

ウィキペディアによると
「フランソワの演奏は他の演奏家とは一線を画す独特なもので、
非常に個性的であるため、ピアノを演奏をする人の範とはなり難い」
なのだそうですが
それって、言い方を変えると
「誰にも決してまねのできない、特別なもの」ってこと。

その演奏はまさに麻薬のよう(?)に魅力的で
わたしは中学生のころ、初めて出あったときに
急性アルコール中毒になるってこんな感じかな、というほどの
衝撃を受けました。

   つまり、体中が酔いしれたのです。
   (*たとえが適切じゃなかったですね ^^;)

実際の彼はというと無類の酒好き、天才肌的気分屋で
晩年は、演奏にも相当ムラがあったとのことです。

それでも、えもいえぬ色気、むせかえるほどの香気、
絶妙なルバートとフレーズの美しさ…
わたしにとっては、たくさんの魅力にあふれた、
大好きな憧れのピアニストです。

2011年09月08日

伴侶です

bozendorfer2.jpg

今日のように爽やかな日は
わたしの相棒…というよりも、伴侶、
ベーゼンドルファー(愛称:ドルフィー)も、ご機嫌です♪

ウィーン郊外うまれの彼は(男性ということにしています。伴侶、だし ^ ^;)
湿気が大の苦手。

高温多湿の日本は千葉県八千代市で
健気に、寄り添ってくれています。

わたしだけでなく、
彼の鍵盤に降れる生徒さんのちいさな手、やさしい手…
みんなの想いを真剣に受け止めて
全力で最良の答えに導いてくれる、
理想のアニキのような存在です。

ベーゼンドルファー社は1828年イグナーツ・ベーゼンドルファーにより創業。
以来、各国の帝室や王室の御用達として選定されたりも。。

器種は200。奥行きが200センチ、というサイズを示しています。
重量342キロ。(さすがに重い!)
メーカーによると
“ベーゼンドルファーのラインナップの中でも最も人気のある
理想的なサロングランドモデル”
だそうです。

弦は手巻き。塗装も手塗り。
ナリは大きいけど、職人さんが気が遠くなるようなたくさんの工程を経た
精魂こめた手作りからうまれた、繊細な楽器です。

いつまでも、元気でそばにいてほしいな。。

 今月、調律します。

2011年09月05日

今日はなんの日?

rosemary.jpg

今日は父の誕生日。

さらに、わたしが最も尊敬するハンガリーのヴァイオリニスト、
ヨーゼフ・シゲティの誕生日。

しかも、大好きな板画家、棟方志功の誕生日でもあります。

   そして、実は、…

わたしが20年以上前に、日本からハンガリーに
旅立った日でもあるんです☆

そんな今日、偶然ハンガリー(トランシルヴァニア)の民俗音楽を
24時間聞けるインターネットラジオ局「Folkradio」を見つけました!
(ページ上部にある変なフォントの“Folkradio”の文字をクリックすると
音が流れます♪)

   街のそこここで…
   やすっちい(失礼!)国営レストランや飲み屋さんで…
   毎日のように、耳にしていた懐かしい音。そして
   懐かしいマジャールの言葉。

…と、しばし彼の地に思いをはせていたら
すっかりホームシックに!

   今日はハンガリーのワインで乾杯したい気分。。

だって、トランシルヴァニアの音階やリズム、アクセントは
わたしの第二の故郷の音楽なんですもの。

ベランダでは、ローズマリーが雨風に耐えて、健気に咲いています。

ハーブや野菜の花が好きです。
可憐で素朴、そしてちから強くて
わたしの理想の女性像。

   父には、彼の大好きなシングルモルト、
   タリスカーの“ダブルマチュアード”を届けました。
   いつまでも、嬉しそうな顔しながら、
   大好きなお酒を楽しんでいてほしいです。

2011年09月01日

長月来たりて

guerlain.jpg
先日、ネットで注文していた香水「イディール」が届きました♪

香水は、もう大好き!!
小学時代にシャネルを使い始め
以来、色々な遍歴を重ねてきましたが(笑)
このところ、すっかりゲランにはまっています。

ランスタン、サムサラ、イディール。。
香りだけでなく、ボトルもとても個性的で
眺めて…纏って…癒されています(^-^)v

さて、大型台風とともに9月がやってきました。
今月は、いつものレッスンの他に

   ステージやピアノコンクールの審査のお仕事
   初めての寄席(!)落語会体験
   高校時代の同窓生との銀座懐石料理(*道場さんのお店デス)
   家族との草津温泉旅行
   柳宗悦展

などなど、充実の予定が目白押し!   
もりだくさんの一ヶ月になりそうです☆

« 2011年08月 | HOME | 2011年10月 »