ウィッグ・ショック!

昨日、萱田小学校での恒例のコンサートがありました。
読売交響楽団のファゴット奏者、武井俊樹さんをゲストにお迎えして
地元の方々と、とても楽しいひと時を過ごすことができました!

わたしは“音楽の中の生き物たち”というテーマで
   子犬のワルツ(ショパン)
   象の子守唄 (ドビュッシー)
   蝶々     (グリーグ)
   悲しい鳥  (ラヴェル)
   豚飼いの踊り(バルトーク)
の五曲をソロで演奏しました。
後半は武井さんと、アヴェマリアやモーツァルトのファゴット協奏曲、
ピアソラのリベルタンゴなどもご一緒させていただいて
もう、感謝の気持ちで一杯です♪

準備やオペレーションにご尽力くださったPTAのご父兄の皆様、
萱田小学校の諸先生がた…。。
本当に、ありがとうございました!

…と、ここまではよかった(?)のですが。。

昨日は、ちょっとでも見栄えが良くなれば…と、
初めて、パーティー風のふわふわウィッグ(付け毛)をつけて
華やかなイメージにヘアメイクしてみたのですが
いらした方々、お気づきになりましたでしょうか?

いやいや、そんなことはどうでもいいのです。

問題は、そのあと。
すぐに仙台に移動しなければならず
帰宅して、頂いたお花束を活け、必死で荷づくろいし東京駅に向かったのですが
途中、車窓に映った自分を見て「…あれ?」

   ウ、ウィッグが…      ついてない…

どうやら、西船橋の乗り換えのときあたりに
構内のどこかに落としてしまったみたいなのです!!

   が~~~~ん!!!
   この日がウィッグデビューだったのに~っ!

いくらファッションセンターシマ○ラさんの安物でも
やっぱり悲しい(泣)。。

とめ方が甘かったからいけないのはわかるけど
やっぱり悔しい(泣)。。

それはそうと、駅構内の床の上に落ちた
ヅラ(!)のようなウィッグを見つけた方、つい踏みつけてしまった方は
さぞや驚かれたことでしょう。

    ああ、なんて迷惑…反省デス。。
    見つけた方、あるいは踏みつけた方…すみませんでした。。。

コメント

ウィッグとはいえ、MINAさまのおつむりから落ちたのでしたら、玉藻のように美しいはず、ご心配はいりません。

◆一静庵さん

こんにちは。
いつもご訪問くださいましてありがとうございます。

うう…。
おっしゃるようにキレイな風情であればいいのですが
どうしてもグロテスクな光景にしか思われず…(泣)。。

でも、お慰めくださってありがとうございます。
幾分、気が休まりました☆

コメントを投稿

« リハーサル | HOME | 秋の味覚 其の二 »